Zhidey Bhutan

サイトマップ | ニュース&お知らせ | リンク
FAQ(よくいただくご質問) | シデ・ブータンへのお問い合わせ

Japanese
Top
English
English
ブータン王国
について
ブータン旅行の
システム
見どころ・
モデルプラン
普段着の
ブータン
シデ・ブータン
について
まだむの
ひとりごと

FAQ(よくいただくご質問)(Drukair/DRUK AIR 預入手荷物)

Drukair/DRUK AIR 預入手荷物について

Q) Drukair/DRUK AIR に預入可能な荷物の重さは?

エコノミークラスはお1人様20kgまで、ビジネスクラスはお1人様30kgまでです。超過料金はバンコク→パロが250バーツ/kg、パロ→バンコクは5ドル/kgです。(2008年5月現在)

預け入れ荷物が多いお客様は、ビジネスクラスを利用されることもご検討されてもよいかもしれません。 (バンコク-パロのエコノミークラスとビジネスの片道の差額は、オフシーズン運賃の場合は60ドル、普通運賃の場合は80ドルです。)

日本からバンコク経由で行きますが、日本でチェックインのときに荷物はどうすればいいですか?

日本から利用する航空会社によってはパロまで荷物を預けることが可能な場合もありますが、預け入れる区間はバンコクまでにされることを強く強くお勧めします。 バンコク到着後、タイの入国審査を受けてご自身でターンテーブルから預入手荷物を受け取られ、Drukair/DRUK AIR の搭乗手続きをする際に、改めてパロまで預入手荷物を預けてください。

バンコクでの Drukair/DRUK AIR の搭乗手続き時にご自身で手荷物を預けられない場合(日本からパロまで預けた場合・バンコク止まりの荷物をご自身で拾われずに積み込んでもらう場合)、 お客様の手荷物がバンコクから Drukair/DRUK AIR ご搭乗便に載らない場合があります。

Q) 日本から手荷物をバンコク経由でパロまで通し(スルー)で預けることは可能ですか?

シデ・ブータンのスタッフ・関係者の経験では成田では、タイ国際航空は可能でしたが、不可能な航空会社もありました。 可能な場合、ブータンのビザクリアランスレターと Drukair/DRUK AIR のe-Ticket(イーチケット)控えの提示が必要です。

ただし、バンコクでは荷物の積み忘れや積み残しが時々起こり、ブータン到着時にスルーで預けたはずの荷物を受け取れない場合があります。 ブータン到着日にすぐ地方やトレッキングに出かける場合は大問題です。せっかくのブータン旅行をスムーズに快適に過ごすためにも、 手荷物をパロまでのスルーとせずに、バンコクではいったんタイに入国し、ご自身で荷物を一旦受け取られることをシデ・ブータンではお勧めしております。

Q) バンコクで入国しない場合、バンコクまでとなっている預入手荷物はどうなりますか。

荷物のタグ(「クレーム・タグ」あるいは「バゲッジ・タグ」)の目的地が"BKK"となっている場合、手荷物はバンコクまでしか行きません。 バンコク到着後、タイの入国審査を受けてご自身でターンテーブルから預入手荷物を受け取られることを強強く強くお勧めします。

どうしてもタイに入国されないことを選択される場合は、同じ飛行機に手荷物が載らないかもしれない可能性が高いという前提で、 ブータン到着後すぐに必要なものはご自身でお持ちください。そのうえで、以下の手続きを行ってください。

  1. トランジットカウンターで Drukair/DRUK AIR の搭乗手続きを行う際に、日本の空港で渡された荷物のタグ(「クレーム・タグ」あるいは「バゲッジ・タグ」)を提示し、 Drukair/DRUK AIR へ積み込むようにカウンターの係員に依頼してください。日本からの便の搭乗券の半券の提示も必要な場合があります。 (カウンターの係員は荷物保管場所に連絡し、荷物保管場所の係員に荷物を Drukair/DRUK AIR へ積載するように指示します。)

Q) パロからバンコク経由で日本まで手荷物をスルーで預けることは可能ですか。

パロで預け入れた手荷物は原則としてバンコクまでしか行きません。バンコクでタイに入国して手荷物を一旦受け取られて、 出発ロビーで日本行きの搭乗便にチェックインされることをお勧めいたします。タイに入国しない場合は、パロとバンコクで以下の手続きを行ってください。

  1. パロで荷物を預け入れるとき「トランスファータグ、プリーズ」といって、荷物に専用のタグをつけてもらってください。「TR」と書かれているタグです。 なお、このタグが付いてもこのままでは荷物はバンコクまでしか行きません
  2. バンコクの空港のトランジットカウンターで日本ゆきの便の搭乗手続の際に、パロで渡された荷物のタグ(「クレーム・タグ」あるいは「バゲッジ・タグ」)と Drukair/DRUK AIR の搭乗券の半券を提示し、日本ゆきの便に積み込むようにカウンターの係員に依頼してください。 (カウンターの係員が荷物保管場所に連絡し、 荷物保管場所の係員に荷物を乗り継ぎ便へ積載するように指示します。)
  3. トランジットカウンターの係員が、パロで渡された荷物のタグ(「クレーム・タグ」あるいは「バゲッジ・タグ」)の「BKK」を日本の空港の3レターコード (東京(成田)=NRT・大阪(関西)=KIX・名古屋(中部)=NGO・福岡=FUKなど)と書き直します。また便名も書き直されます。 書き直された荷物のタグ(「クレーム・タグ」あるいは「バゲッジ・タグ」)を受け取ってください。

上記の手続きを行い手荷物のタグ(「クレーム・タグ」あるいは「バゲッジ・タグ」)の「BKK」が日本の空港の3レターコードに書き直されたとしても、 日本に到着したとき手荷物が出てこないことが時々ありますので、すぐに必要なものは手持ちをお勧めします。

お役立ちリンク

「お役立ちリンク」のリンク先のウェブサイトについては、シデ・ブータンに関する記述があった場合でも、そのウェブサイトはシデ・ブータンとは別のウェブサイトであり、 シデ・ブータンの管理下にあるものではありません。

前のページへ戻ります

Zhidey Bhutan

トップページ | サイトマップ | FAQ(よくいただくご質問) | シデ・ブータンへのお問い合わせ | プライバシーポリシー(個人情報保護について)
ブータン王国について | ブータン旅行のシステム | 見どころ・モデルプラン | 普段着のブータン | シデ・ブータンについて
リンク | まだむのひとりごと

Last Update: 2015/12/26
シデ・ブータンはブータン政府公認ツアーオペレーター(現地旅行会社)です。(ライセンス番号: 1015446)
あなただけのブータンツアーブータン旅行をコーディネイト。シデブータンには日本人スタッフ(ティンプー在住)が常駐しております。
日本語でお気軽にお問い合わせください。
Copyright (C)2002-2015 Zhidey Bhutan Tours & Treks / 本文・画像などの無断転載・使用はご遠慮ください。